銀行でお金を借りるメリット

銀行でお金を借りる最大のメリットは、安心してお金を借りられることです。法を遵守した内容で契約が取り交わされるので、最もトラブルが少ない方法です。なので、初めて業者でお金を借りるという方でも、銀行の融資を利用すれば安心でしょう。

銀行で融資を受けるとなると、住宅ローンや事業での融資を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、様々な金融商品を取り扱っています。それこそ、100万円以下の少額のお金について融資する制度もあるので、少しだけお金を借りたいという場合にも利用できるのです。

業者でお金を借りる際、必ずといっていいほどつくのが金利ですが、銀行の金利は低い傾向にあります。しかも、自分の収入に合わせて無理のない範囲での返済計画となるのがほとんどなので、安心してお金を借りられるのです。

銀行でお金を借りるデメリット

「私、銀行でお金を借りられないんだよね」という言葉を耳にしたこともあるのではないでしょうか。銀行でお金を借りるデメリットは、「お金を借りる審査が厳しい」というところです。

銀行でお金を借りる場合、「きちんと返済できるかどうか」の審査が必ず行われます。基本的に、働いている人でないとお金を借りられません。しかも内容によっては、パート・アルバイトでは借りられないローンもあります。

少額のお金であれば、パート・アルバイトでも借りられる金融商品はありますが、それでも事前の審査が厳しく行われます。したがって、お金を借りる条件が厳しいのが銀行です。しかし、条件によっては問題なく借りられる場合もあるので、まずは銀行に申し込むのがセオリーではないでしょうか。